上野クリニックの包茎手術体験談

お勧め包茎手術クリニック

最安!3万円からの包茎手術

\ネット事前予約でさらに30%OFF!

上野クリニックで包茎手術を受けた僕のプロフィール

ご年齢 41歳 クリニック名 上野クリニック
包茎の種類(仮性/嵌頓/真性) 仮性 手術時期(年月日) 2002年春
術式 忘れました

 

費用総額 96万円
糸の種類 抜糸のいらない糸 健康保険使用有無 無し
注入の有無 無し 総合満足度(100点中) 70

/100点

上野クリニックでの包茎手術体験談

僕は、仮性包茎だった。

誰にも、相談なんてできなかった。

コンプレックスになっていた。

“銭湯へ行く”なんて考えられなかった。

 

学校で「自分が包茎であること」を”自虐ネタ”にしているヤツがいて、自分は”包茎でないと装い、ひきつった顔で笑っていた。

笑う度に、心が苦しくなっていった 。

 

24歳の時、上京を期に手術をしようと決めてた。

 

勇気を振り絞って電話をした。

当時はスマフォなんて無くて、ガラケーだった。

死ぬほど恥ずかしかった。

 

予約当日。

 

クリニックのビルの前を一度通り抜ける。

時間をおいてから、戻ってきて、ドキドキしながら、半分やけくそでビルの中に入っていった。

 

クリニック内は、病院というより”オフィス”という雰囲気だった。

 

オープンスペースに、何枚ものパーテーションで仕切られている。

 

事前に電話で説明を聞かされていたように、他に患者はいない様子だった。

 

パーテーションに囲まれた空間で待っていると、一人の男性がやって来た。

 

そしてまず最初に、別室に案内されて、患部の検診をした。

勃起するんじゃないかと心配したが、恥ずかしくて、それどころではなかった。

 

そのあと、また元の場所に戻って、患部の状態と、手術の内容、手術代の話を丁寧にされた。

僕は、緊張しててあまり話が入って来なかった。

 

簡単にいうと、手術痕が残る手術と、手術痕が分かりにくい手術と選ぶという話だったと思う。

当然、手術痕が分かりにくい方を選ぶ。

抜糸のいらない糸を選ぶ。

そっちの方がきれいに仕上がるらしい。

 

医師「どうしますか?」

医師「傷跡が目立たない術式のほうをお勧めします。傷跡が目立つ術式は、竿の真ん中あたりに皮膚の色の違いが目立ってしまうので…。」

 

要は目立つ術式は、漫画「ブラックジャック」みたいにつぎはぎのようになるということらしい。

 

そんなこと言われたら、傷跡が目立つ法を選ぶやついないだろと思いつつ、目立たないほうを選択。

 

そしてテーブルの上で提示された手術代が、「100万弱」だった。

 

僕「えっ?こんなにかかるの…」

 

医師「どうしますか?」

 

当時童貞だった僕が、初めてチンコをさわれるのが” 男”という屈辱。

そもそもここのクリニックに来るまでにも、どれ程の時間を悩んだことか!!どれ程ガラケーでホームページを眺めたことか!

 

ここに来るまでの決心を、恥ずかしいという思いを、なかったことにして、何もせずに帰れるわけがない。

そもそも、包茎でコンプレックスになるくらい悩む程の人間が、”ノー”と言える勇気なんてあるはずもない。

 

「お願いします。」

 

“毎月25000円ずつ返済する、三年半”のローンを組んだ。

 

手術が始まった。

部分麻酔をしたので、全く痛みはけなく、あっけなく手術は終わった。

 

切り取った皮膚確認しますか?と聞かれた気がする。確認した気もする。

 

そいつは”小さい塊”だった。

 

飲み薬と塗り薬、包帯を渡されて帰宅。

 

ちょっと誇らしげな自分がそこにはいた。

 

帰宅して翌朝に、

患部の包帯をとってみてビックリ!

 

勃起していると勘違いするくらいに、紫色に患部が腫れていた。

 

腫れるとは聞いていたけどこれ程とは!

 

すると、ものすごい不安の波が襲って来た。

 

「こんなに腫れるものなのか?」

「 このまま僕のチンコは、一度も使われないまま腐って、取れてしまうのではないか!!」

 

不安で不安でたまらなかった。

それでも、言われた通り、

患部に塗り薬を塗ったガーゼをあてて包帯で巻いた。

 

ちなみにおしっこはふつうに出来ます。

 

ただ当時は二十代なので、オナニーを我慢することが死ぬほどつらかった。

 

やがて患部の腫れは日に日にひいていった。

 

たが、患部の一部に、”えぐられたような凹み”があった。

 

次の検診をの時に、その凹みについて尋ねた。

 

「大丈夫です、そのうちに肉が盛り上がって目だたなくなります。」

 

本当に?

 

半信半疑のまま帰宅。

 

数日すると、言われた通り患部の凹みが盛り上がってきて、めだたなくなった。

(でも、気にしてみると、分かると思います。)

 

手術を終えて、初めて銭湯に行った時の解放感と、チンコにお湯が当たる、少し痛いような感触は今でも覚えている。

 

 

残ったのは借金だけとなった。

定職に就いていなかったので、返済はとてもとても大変だった。

 

手術後の変化

・セックスの時は特に問題は無く。早漏が解消されたような気がする。

・オナニーは手術前は、自分の皮で包み込んでオナニーしていたが、術後は直接亀頭を刺激する方法になった。若干皮が突っ張られる感じがするが、普通にできる。

・見た目はきれいだが、手術をしていない人に比べると、不自然さは感じる。でも気になるほどじゃない。

 

包茎手術を考えている方へ

現代は情報社会なので、包茎手術の情報は簡単に、膨大に見ることが出来るとおもいます。

また、”日本人の七割が仮性包茎”というデータもあります(真偽はわからないが)

“仮性包茎は手術しない方がいい”という情報もあります。

 

でも、もし「俺は包茎だから」と笑って言えるような人間ではなくて、コンプレックスになってしまう人なら、

 

手術をしてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA